茨城県かすみがうら市、つくば市、土浦市、石岡市を中心に適正価格の安心品質で注文住宅を設計するタクミの家

女性が考えた「サンデーラテハウス」

女性が考えた「サンデーラテハウス」

「サンデーラテハウス」は、女性だけの意見でつくったからこそ、生まれた家。

サンデーラテハウス」は、女性だけの意見でつくったからこそ、生まれた家。全国から集まった個性の異なる女性たちが、「家づくりにあったらいいな」を出し合うことから始まりました。

ミーティングを重ねた結果、浮かび上がったのは「家族が笑顔になる」ということ。

なかば当たり前のような本質でした。いま女性が望んでいるのは、「自分のため」ではなく、家族みんなが笑顔になる「家族のため」の家だったのです。

 

女性が考えた、みんなが笑顔になる住み心地のいい家。

このプロジェクトは、「女性が考える家づくり」の企画に賛同し、全国各地から集まった年代も個性も異なる女性メンバーが、「家づくりにあったらいいな…。こんな家だったらいいな。」を自由に出し合うことから始まり、約半年をかけて意見を重ねながらコンセプトを固めました。

そして、誰もが共感したことは、

  • 家族がそろって日々の暮らしを愉しみたい。
  • お気に入りに囲まれてシンプルに過ごしたい。
  • 親しい人たちが気軽に集まれる家がいい。
  • 何気ない会話が自然に生まれて、家族が笑顔で過ごせる家をつくりたい!

そんな想いが詰まったアイデア満載の家、
『SUNDAY LATTE HOUSE』がついに完成いたしました。

今までのアタリマエを捨てたら、家族みんなが居心地のいい家になりました。

今までのアタリマエを捨てたら、家族みんなが居心地のいい家になりました。「家族が笑顔になる」ためには何が必要?それを考えていった先には、コミュニケーションの大切さや子育ての考え方、家事や洗濯・掃除のしやすさなど、たくさんの想いが繋がっていました。

家族みんなが暮らしやすい、居心地がいい、何だか愉しい、それをかなえる家がカタチになりました。

 

みんなの笑顔があふれる 5つのポイント

1. 大好きなデザインに囲まれて暮らす。

大好きなデザインに囲まれて暮らす。毎日のことだから、お気に入りのモノに囲まれて過ごすことが笑顔のモト!

外観は、小さくてシンプル。
それでいてアクセントが効いていて、年月が経つほど愛着のわくデザイン。
インテリアは普段着のようなラフなスタイルで、キレイ過ぎないカッコよさがあなたらしい!
そんな住まい手のテイストを家に表しましょう。

 

2. 何だかとっても居心地がいい
何だかとっても居心地がいい収納の仕方を「みせる収納」と「かくす収納」に分けたら、たくさんの“居心地のよさ”につながった!

モノの居場所がきちんと決まっていると、家族みんなが片付けやすく、掃除しやすい。
そして、好きなモノを『みせる収納』が生きてきます。
普段使いのモノこそいつも目に触れている、そんな居心地のよさはいかがですか。

 

3. 家族みんながいつも一緒
家族みんながいつも一緒
カフェキッチンのあるワンルーム型のリビングスタイルは、家族みんながいつも一緒に過ごす憩いの場。

どこに居ても家族の気配を感じ、会話があふれた暮らしがいちばん!
子育て世代は、日々何かと忙しいものだけど、料理しながら、洗い物をしながらの「ながらコミュニケーション」が取りやすいのです。

 

4. お友達を呼びたくなる
お友達を呼びたくなる
パブリックスペースとプライベートスペースを用途別に上下階に分けたら、1階のリビングスペースが広々。
みんなが集まりやすい我が家です!

居心地のいい我が家には、親しい人たちを招き、気兼ねなく過ごしたいもの。
夜遅くなっても、1階ではお友達とワイワイ楽しんだまま、子どもたちは2階でお風呂から直接ベッドへ行けちゃいます。

 

5. 家事にできる
家事が楽にできる
スムーズな作業効率と掃除のしやすさを考えた間取りで、日々の家事が楽々!
その分、家族と過ごす時間が増えていきます。

例えば洗濯は、洗って干してたたむまで、一連の作業が2階でできること、そして部屋干しのための工夫は欠かせません。
お掃除や片付けも簡単にできるから、家族で分担しやすいことがポイントになっています。

 

イメージ図

施工事例

 

お問い合わせフォーム