茨城県かすみがうら市、つくば市、土浦市、石岡市を中心に適正価格の安心品質で注文住宅を設計するタクミの家

地震対策の重要性

重大な被害をもたらせた東日本大震災。
大きな地震への確かな備えは、これからの「家づくりの当り前」です。

日本の観測史上最大のマグニチュード(Mw)9.0を記録した東日本大震災を経て、日本中が復興へ、そして次の大震災への備えに全力をあげています。

今後、東海地震の発生する可能性が30年以内に87%と非常に切迫しており、それが東南海、南海地震などと連動して起きることも予想されています。
地震調査研究促進本部(本部長/科学文部大臣)の調査によれば、今後30年以上に震度6以上の揺れに襲われる確率の高い地域がほぼ全国にわたって存在しています。

ただ、地震には備えることができます。