茨城県かすみがうら市、つくば市、土浦市、石岡市を中心に適正価格の安心品質で注文住宅を設計するタクミの家

制震効果について

繰り返される余震の揺れをそのつど吸収することができます。

大地震時の住宅の倒壊の原因は、本震の後に必ず繰り返し起こる余震の振動にあります。地震対策は、本震だけでなく余震にも対応できるものでなくてはなりません。
下の図は、阪神淡路大震災に相当する震動を「Hiダイナミック制震工法」を装着した建物と未装着の建物に与えた時のイメージ図です。

オイルダンパは繰り返し動作時の性能再現性に優れ、連続して発生する様な大地震に対しても有効に作用します。
「Hiダイナミック制震工法」は建物に与えられた地震力をオイルダンパにより吸収することで、東海や構造部材の損傷を防ぐ働きをします。
繰り返される余震の揺れをそのつど吸収することができます。